銀行印の印鑑

銀行印イメージ

社会人で通帳を持っていない人はいないと思います。
今は、給与はほぼ100パーセント振込ですからね。日払いのアルバイトは違うと思いますが…。

銀行印の印鑑を作っている人はどれぐらいいますか?

今は、銀行ごとに銀行印の印鑑を分けた方がいいとも言いますが…。
私は、印鑑は何個も必要ないと思っています。

泥棒に入られたことが無いからかもしれませんが、逆に印鑑が多すぎるとどの印鑑かが分からなくなって大変になるような気がします。

要は、認印を買って、銀行印の印鑑は銀行で届けた時点で、銀行印になりますよね。
実印だって役所で印鑑登録すればその印鑑が実印になりますし…。
大きさもあるみたいですから、認印を実印にする人はいないと思います。

社会人になって銀行印を作る人も結構いると思います。

今は昔くさい印鑑でなく、凄くお洒落な銀行印もあるので持ち歩くにもいいですよね。
値段もお手頃価格になっているので、簡単に購入することができます。

社会人になって銀行の通帳が一冊しかない人はいないでしょう。何冊かは必ず持っていますよね。

銀行印の印材を色分けにすれば、わかりやすくなりますよね!
銀行印の印鑑の変更も可能ですから、今度機会があったら銀行印を作ってみようかなと思いました。

友人は銀行印の印鑑を3個持っている人がいましたが、なぜ分けていたか聞いたら、学生の時に一人暮らしをしていた時に、泥棒に入られたそうです。

友人は社会人になってから、持っている通帳分の銀行印を作ったそうです。

ページの先頭へ