印鑑は人生の節目で必要となる

印鑑イメージ

社会人になると、印鑑の一つは必ず持っていますよね?
印鑑の認印は必ず何かしらで使うので、持っていない人がいたら逆にビックリですが…。

印鑑の認印とシャチハタは無いと凄く不便です。
自分でサインや拇印を押す方が恥ずかしいですよね。

一番使うのは使い勝手もいい、シャチハタだと思います。
印鑑の認印も何回かは使うのであった方が絶対いいです。

今は社会人で印鑑の認印の他に実印や銀行印を持っている人はどのぐらいいるのでしょうか?
恥ずかしい話ですが、私は印鑑の認印1個しか持っていませんでしたよ。

通帳作る時も、認印で登録しました。
社会人になってすぐ、実印作る人はいない気がしますが実際はどうなのか全く見当もつきません。
私が持っていないからそう思うのかもしれませんが…。

特に、家を買う訳でもなく、ローンを組む訳でも無かったので私は印鑑の認印だけで大丈夫でしたね。
友人の一人は、社会人になったお祝いに両親が作ってくれたと言っていた人もいました。

仕事でも、印鑑の認印で事が足りるので認印は便利ですよね。
認印もいろいろなデザインやランクがありますから、それなりでしたら銀行印に使っても全然問題ないと思っています。

私的に、そもそも印鑑の認印と銀行印の違いがよく分かっていません。
実印は印鑑登録とかするのでわかりますけどね。

社会人でも印鑑の認印だけでも大丈夫です。何とかなります。
私は、逆にたくさん印鑑を持っていると訳が分からなくなってしまいそうです。

ページの先頭へ